FC2ブログ

Uguis(ウグイス)

こんにちは、たぬきです。

今日は、余市町、仁木町、積丹半島へ出かけてきました。
このレポは、くまに譲って・・
カフェ担当たぬきが、帰りに寄ったカフェのレポを(笑)

小樽のUguis(ウグイス)
?????????ゃ?
相当古い建物です。
が、中はとーってもおしゃれにリノベーションされています。
撮影禁止なので、写真はありませんが、独学で内装や家具の勉強をされたとは思えない、モダンで居心地がいいです。

0709_215.jpg
カフェモカ(600円)もなかなか良かったのですが
0709_214.jpg
発酵バターのクロワッサン(250円)が、大きくて美味しいの!
0709_207.jpg
お土産で買ったパンも美味しかったですよ!

素敵なカフェ見つけちゃいました!


応援よろしくお願いします

にほんブログ村に参加しています
にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

人気ブログランキングにも参加しています
人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

tag : 小樽 カフェ パン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

木造でカラートタンの屋根の古い家は北海道に行くと目につきますが朽ちかけているようなのもありますね。目をそらしたくなるぐらい古いのも。
この建物も古そうですね。看板も見当たらないし中に入るのにかなり勇気がいるのでは。
どんなふうにリノベーションされているのか興味がわきます。

中年Aさん

築90年以上経っているそうです(^^;)

Uguisをクリックしていただくと
ホームページにつながります

少し雰囲気がわかると思いますが
センスのよいおしゃれな雰囲気です♪

こんなやり方もあるんだと
勉強になりました(*^^*)

思い出の小樽

オー、懐かしい!v-212
42年前、私はここで、大変お世話になりました。
もともとお菓子の紙箱を作る会社の、
作業場と住宅を兼ねた建物でした。
この会社の社長(オヤジサン)の
奥さん(オバサン)が、
副業で下宿をやっていて、
私はそこの下宿学生のひとり。

左側にも古い建屋があって、私はそちらに住んでいました。
オヤジサンと一緒に、渡り廊下を作りました。
今なら、建築基準法違反という事になっちゃいますね。
写真の奥の白い壁のところに細長い板張り(蓋をしたようなの)が
見えますでしょう。それがその名残り。

菓子箱を作る住み込みの女の子達も居て、とてもにぎやかでした。

昔の自分の気分に出会えるかも、と想いを馳せています。
UGUISさん、よくぞここで営業されてくださいました。
是非とも訪れたい!v-233
<<千葉市在住>>

写真好きさんへ

こんにちは
書き込みありがとうございます

まあ、なんて、よくぞ書き込みしてくださいました
そんな場所だったんですね、素敵!

中はおしゃれにリノベーションされていますが
外から見ると、あまり変わらないのかも

ちなみに、ここのパンはかなり美味しいので
お腹をすかせての訪問をオススメします(笑)

たぬきちゃんへ

うんうん、行きます、必ず!絶対に。 v-208
営業曜日と時間にきちんと合わせて、
空振りしないよう注意して:)

そう、外観は昔のまんまです。
正面の入口やガレージは、
造作し直していますが。

私が、訪樽・訪店しましたら、
またここに、コメントを
書き込ませて下さいネ。

Bye v-222

写真好きさんへ

はい、ぜひぜひ!(嬉)

42年前の記憶を辿る旅、なんかいいですねぇ…
お店の方もきっと、喜ばれると思いますよ!

行ってきました!

とうとう、行けました。
懐かしい建物と改装された店内で、思い出をさがしましたよ。
お世話になった「下宿のオバさん」のも会えました。UGUISさんのご好意で、大分はなれた別の所に住んでおられる事が判り..........
今年93歳の超オバアチャン、少し認知症を患っていらっしゃるとの事でしたが、私を見るなり、「どうしたの~?」「どうしてここを~?」「忘れるもんですか! ちゃんと憶えてますよ」。 たった2年間のお付き合いだったのに、「いろいろ頭に残ることが多かったからね」と言われれば、頭がさがります。

UGUIS: BirdCage で、コーヒーとスープ・パスタ(舞茸・胡麻が利いて)のランチをとった後に、超オバアチャンをたずねたのですが、会っている当の2人がものすごく嬉しかったので、私はまたUGUISさんに戻って、報告かたがた、またコーヒーとお土産にパンを買いました。

とてもゆったりとした時間を過ごさせていただきました。
UGUISさんがここで営業されている事に感謝し、また訪れることを約束しました。

どれもこれも、とてもおいしく、家族にはお土産のパンも大好評でした。(妻はスーパーマーケットでパンの仕入れ・販売をやっているので、パンにはちょっとウルサイのですが、太鼓判を押してくれました)

写真好きさんへ

こんばんは
書き込みありがとうございます!

まあ、よかった!

いついらっしゃるのかなぁと
時々思っていたのですが
建物だけでなく、下宿のオバさんにまでお会いになれて
本当によかったですねぇ

私までとっても嬉しくなってしまいました

このカフェへ行きたいなと
昨日も思っていたところです

今度いらっしゃるときは
よかったらぜひご連絡ください

はい、ありがとうございます。是非。

UGUISさんには、「ずうっとここで、やっていて下さい。また来たいです」とお願いと約束をしました。
札幌には身内の縁があるのですが、小樽には、上記の「超オバアチャン」しか知り合いを見つけられず、UGUISさんが昔の思い出との「ツナギ」に思えています。

UGUISさんでのお土産に、たぬきさんがご紹介されていました「パン」は買い求めたのですが、「クロワッサン」を買うのを忘れました。次回はこのクロワッサンとオリジナル焙煎コーヒー豆を買おうと決めております。

UGUISさんの玄関脇にまだ積雪が残っていて、季節外れとも言うべきか雪が降りしきる日でしたが、それはそれで私には趣のある情景でした。訪ねて行って本当に良かった。

もう少し、もう少しですね、北海道にももうすぐ春が。
また行きたい。また訪ねたい。

写真好きさんへ

こんばんは

今夜は夫が帰ってきましたので
写真好きさんのことを、二人で話していたところです

移住してわかったのですが
北海道も、四季折々の良さがあります
春が来るのは、人間だけでなく
いろいろな生き物も喜んでいるのが
日々よくわかります

今度はぜひ
発酵バターのクロワッサンとともに
いろいろな季節を味わいに
北海道へいらしてくださいね!
(あっ、奥様もごいっしょに、笑)

お陰様で、久々の北海道....

葉を纏わない雑木林と雪づらに覆われた山々。
雪解け跡の土から頭を出し始めた、新芽。
雪国・北国に生まれ育った私にも、この光景は本当に久々でした。
北海道には4年間と2年間暮らした経験があります。
その時は、当たり前の風景だったはずが、今では全てが愛しく、懐かしい。

くまさんとは、すでにFBでの「お友達」。
これをご縁に、よろしくどうぞ。
プロフィール

くま&たぬき

Author:くま&たぬき
ログハウスをセルフビルドして暮らすため、愛知から北海道へ移住して来た、くまとたぬきです。東川町の天然林の森に、移住先が決まりました。気軽に遊びに来て頂ける、カフェレストラン「森の道」をオープンするべく、只今準備中です。
くま…50歳で早期退職、一から勉強しながら、一人で作っています。冬は、スキーのインストラクターをしています。愛知県出身、60歳。
たぬき…こんな夢を持つくまと結婚したため、長年勤めた仕事をやめ、ともに移住。一念発起し、47歳で製菓調理専門学校生になり、無事卒業。現在は、野菜ソムリエプロ・カレーマイスター・調味料ソムリエとして、日々勉強中。旭山動物園でも働いていました。京都市出身、55歳。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
花 (2)
分類タグ

ログハウス ランチ 札幌市中央区 スイーツ カフェ 宅食 学校 留寿都 北広島 野菜 スキー コーヒー 映画 温泉 東川 パン 読書 ラーメン 恵庭 お茶 祭り カレー 食材  千歳 野菜ソムリエ ジャム 小樽 パスタ 札幌市東区 長沼 喜茂別 真狩 紅茶 美瑛 果物 海鮮 寿司 ピザ 札幌市清田区 写真 植物 札幌市豊平区 名古屋 ニセコ 余市 伊達 ほっき貝 札幌市白石区 洞爺湖 コンピューター 京都 あつた 蕎麦 苫小牧 工房 芦別 お取り寄せ 登山 フードマイスター ソーセージ 豚丼   B級グルメ 積丹 インターネット 江別 テレビ ビール 動物 担々麺 リゾット 紋別 定食 うどん 森林 旭川 栗山 中華 北海道限定 食堂 ワイン 

↓ブログ北海道情報へ

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
14位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
リンク
リンクフリーです
月別アーカイブ
検索フォーム
ブログ内の検索はここから
QRコード
携帯からはここからどうぞ!
QR